いつでも受けれてかなり楽!「CBT試験」で「日商簿記3級」を受けてきた感想を紹介!!

PCでのテストは楽だが勝手が違った!

これまで受けてきた資格はどれも筆記試験ばかりでしたが、今回の日商簿記3級の資格は「CTB試験」で受けてきました。

この記事では「日商簿記3級」を「CBT試験」で受けてみた感想を紹介します!

1分くらいで読み終わるので最後までお楽しみください!

  • 試験場
  • 試験中
  • 試験後

小さなビルの一室のさらに小さな区画!

「日商簿記3級」の「CBT試験」の会場は街中のビル街の小さなビルの一室でなおかつパーテーションで区切られた小さなスペースでした。

筆記試験のような大規模な会場ではないので新鮮な気分でした。

試験前には受付でスマホや財布をロッカーにしまってからPCのある区画に入る徹底ぶりでしたが見張りは受付の人のみでした。

小さな物音がかなり気になる!

いざ「CBT試験」を始めてみると筆記試験とはいろいろと違う部分があって戸惑いました。

区画が狭いうえに基本静かなので小さな物音がものすごく気になります。

隣の人のボールペンを走らせる音やキーボードをたたく音!

あとはパーテーションの外のロッカーの開閉音や受付の人の話し声など些細な音が集中力を乱すのが難点でした。

終了後に一瞬で結果発表は助かる!

「CBT試験」の売りは何といっても合格発表までの時間が短いこと!

試験終了後にすぐ画面に表示されました。

結果は見事合格!

70点が合格点だったのに対し、78点とややギリギリでした。

初見の問題の多さと、慣れない「CBT試験」の空気が厄介でした!

さいごに

初めての「CBT試験」でも無事に合格できた「日商簿記3級」!

次の「CBT試験」は「日商簿記2級」と「基本情報技術者」です!

Follow me!

コメントを残す