ロマンあふれる孤島での冒険もの?「ザ・ロストシティ」を観に行った感想を紹介!!

久々の洋画で手痛いミスをしてしまった!

小説家の主人公兼ヒロインが失われた古代都市の場所を知っていると決めつけられて孤島に拉致されることから始まる冒険もの?映画の「ザ・ロストシティ」!

この記事ではそんな「ザ・ロストシティ」を観に行った感想を紹介します。

1分くらいで読み終わるので最後までお楽しみください!!

  • ロレッタ
  • アラン
  • フェアファックス

作中の3分の2をピチピチのピンクラメレオタードでジャングルを駆け巡る!

「ザ・ロストシティ」の主人公で在りヒロインでもあるサンドラ・ブロックさん演じる小説家のロレッタ!

悪役に伝説の古代都市の場所を知っていると決めつけられ孤島に拉致されてしまいます。

拉致される直前の宣伝ツアーのインタビューで来ていたピチピチにボディーにフィットしたド派手なピンクラメのレオタード姿のまま椅子に縛り付けられて古文書の解読を強いられます。

もう一人の主人公のアランと一緒に来たブラッド・ピッドさん演じるトレーナーに助け出されてもその後、そんなピチピチピンクラメレオタード姿で孤島のジャングルを駆け巡ることになります。

劇中の3分の2はそんなシュールな姿で駆け巡る姿に面白さを感じました。

軽薄でウザい表紙モデルだったが冒険を通して男になる!

「ザ・ロストシティ」のもう一人の主人公、チャニング・ティタムさん演じるアランはロレッタの書く小説の表紙モデルとなっている男です。

軽薄でチャラく最初は主人公のロレッタにも煙たがられています。

ロレッタを救助に行った際もトレーナーに無理やりついていき足をぐいぐいと引っ張ります。

そんな、ウザいアランですが孤島を冒険していく中でどんどん成長していきます。

終盤ではマフラーの壊れた原付に乗って孤島のオフロードをロレッタを連れ去った装甲車を追跡し飛び乗る勇敢さを魅せてくれます。

目まぐるしい成長が見どころのキャラでした。

子供の頃から知っているあの人が悪役に!

「ザ・ロストシティ」の悪役でロレッタを孤島に拉致した張本人がハリー・ポッター役で有名なダニエル・ラドクリフさんが演じるフェアファックスです。

ハリー・ポッターと賢者の石に出演していた時には小さい子供だったダニエル・ラドクリフさんが後半のハリー・ポッターシリーズでは青年となり、今作では髭のおっさんとなっています。

悪役で髭のおっさんでも確かにハリー・ポッターを演じていたダニエル・ラドクリフさんであることが感じられるところに不思議な感覚を感じます。

さいごに

大物俳優さん達が出演している孤島での冒険映画「ザ・ロストシティ」!

ロレッタを救助に来た歴戦の勇士を演じるブラッド・ピッドさんの演じるトレーナーには作中で二回も衝撃を受けることになりました。

是非、ご自分の目で確かめてください!

Follow me!

コメントを残す