あの伝説的名作RPGの続編「クロノ・クロス」をやってみた感想を紹介!!

今まで敬遠してたがHDリマスター化に乗じてやってみた!

名作が多いSFCのRPGの中でも伝説的な名作であるクロノ・トリガー!

その続編である「クロノ・クロス」がHDリマスター版で発売されたのでこれを機にプレイすることにしました。

世間での評価はなかなか厳しいクロノ・クロス初プレイの感想を紹介します。

1分くらいで読み終わるので最後までお楽しみください!

  • ストーリー
  • システム
  • 総評

最初はよくわからないが最後までやると確かに続編だった!

「クロノ・トリガー」の続編となる「クロノ・クロス」ですが、序盤の内は新キャラや新天地で前作の要素がほとんど見当たりませんでした。

ところどころ断片的に「クロノ・トリガー」の要素が出てくるものの、ほとんどが新キャラたちのストーリーです。

2つのよく似た並行世界をまたにかけた物語ですが、序盤の内はどこに行けばよいのか会話の流れで分かるのですが、中盤以降自由度が増していくとどこに行くのか分からなくなってきます。

そして終盤で明らかな「クロノ・トリガー」との接点が現れてきますが、進めていくと少々複雑な気分になりました。

ラスボスを倒した後のエンディングもあまりはっきりした結論ではなくぼやかしている中から察してくれと言われているようなあいまいな内容で判断に困りました。

ですが、何かと話題にはなっているRPGを最後までプレイできたことは一つの知見となり良かったです。

既存のRPGとは全く違う玄人好みのシステム!

「クロノ・トリガー」はFFシリーズと似たようなシステムで万人がプレイしやすいRPGでしたが、「クロノ・クロス」はシステムが既存のRPGとは違いすぎて初心者には厳しそうでした。

レベルの概念が存在せず、ボスを倒すとその都度、能力の上限が上がっていくのでレベル上げをする必要があまりありません。

また、魔法もエレメントと言われる特殊なシステムで1戦闘で各種1回しか使えなかったり、使用するエレメントの属性が場に影響して戦闘の趨勢を定めたりと複雑なものになっていました。

理屈が分かるといろんな戦術が建てられて玄人好みのシステムになっていました。

やり込み要素が多そうなところは「クロノ・トリガー」を引き継いでる!

「クロノ・クロス」は「クロノ・トリガー」と同様に最近では当たり前の強くてニューゲームを採用しているので2週目3週目と楽しめそうな作品です。

ラスボスといつでも戦えるようになる2週目以降は倒すタイミングでエンディングが変わるようです。

また、仲間キャラが40人以上存在したり、サブイベントも豊富に存在しているのでまだまだ楽しめるボリュームがあります。

さいごに

1週目はあまり攻略情報を見ずにプレイしてきた「クロノ・クロス」

2週目以降は攻略情報を見ながらサブイベントを回収していきます。

Follow me!

コメントを残す