2mm線が多くて厄介!「第2種電気工事士資格」技術試験のNo.4を解いてみた感想を紹介!!2週目!!!

ケーブルの種類で難易度が変わる!

2週目も順調に解き続けている「第2種電気工事士資格」の技術試験問題!

この記事ではそんな「第2種電気工事士資格」の技術試験問題のNo.4の2週目を解いたので感想を紹介します。

1分くらいで読み終わるので最後までお楽しみください!

  • 2mm線の多さが厳しい!
  • 端子台への接続に注意!
  • 作業完了時間!

1.6mm線に比べて作業時間がかかる厄介な2mm線!

No.4ではNo.1~3に比べて2mm線の量が多くなっていました。

また、めずらしく2mm線の3心ケーブルも出てきてさらに取り扱いが厄介でした。

2mm線はとにかく、切断、剥ぎ取り、器具への接続、リングスリーブや差し込みコネクタへの接続が圧倒的にやりにくいです。

本番までの何とか慣れるように努力します。

端子台への心線の接続に気を遣う!

いろんな器具の代用として使われる端子台!

端子台への心線の接続にいつも時間がかかります。

端子台と絶縁被覆の感覚が5mm以内であり、見た目ではOKかNGか判断しにくいです。

これからは作業時間短縮のため絶縁被覆を2cm剥ぎ取って、心線を1.2cmに切断する方法を取ることにします。

2mm線のおかげでちょっと長くなった作業時間!

2mm線の取り扱いにくさで作業に時間のかかったNo.4の作業完了時間は・・・

33分!

30分を少しばかりオーバーしてしまいました。

本番でもこのくらいの時間でできれば見直しと手直しの時間が取れるのですが、練習ではもっと時間を短縮したいです。

さいごに

器具の組み合わせ次第でまだまだ30分をオーバーすることもある「第2種電気工事士資格」の技術試験問題!

2週目をこなしながら効率の良いやり方を見つけていきます。

Follow me!

コメントを残す